失敗を恐れず、打席へ立ち続ける。
Reluxを支える営業部リーダー

Megumi Sugihara

2016年 中途入社

営業部
企画営業 1グループ リーダー

大学時代は音楽教育コースに在籍。2008年、新卒でリクルートHRマーケティング(現リクルートジョブズ)に入社し、求人広告の営業職に就く。その後ベンチャーに転職し、EC事業部でサイト運営や企画などに携わった後、新規事業の立ち上げを行う。2016年にLoco Partnersにジョイン。企画営業として宿泊施設の課題解決のための提案を行う。

# 旅行

# 宿

# ホットヨガ

経歴

2016年〜 営業部 企画営業グループ配属(入社時よりリーダー)
2018年〜現在 営業部 企画営業グループ 兼 営業戦略グループ

どんな学生時代を過ごしていましたか?

3歳からピアノ、中学からサックスを習い、高校・大学ともに音楽コースで音楽漬けの日々を送っていました。そんな中、大学時代に夢中だったのがアルバイトです。初仕事は試食販売。人見知りで話しかけるのが苦手なのに、その時ばかりは完売したい一心でとにかく色々な人に話しかけ、「誰が売っても売れない」と言われていた商品を完売させました。「まずはやってみる、やるなら全力投球で」という仕事のスタンスの原点ですね。この時に負けず嫌いな性格に気づき、ひょっとして音楽以外もやってみたらできることがあるかもと思い、大学2年からは旅館で仲居を始めました。お付きからお部屋出し、大広間での宴会などを経験しましたが、試食販売の売り込みとはまた異なる面白さがあって、奥が深く仲居の仕事の虜になりました。最初は着物に惹かれて始めたのに、気がつくと卒業まで続けていましたね。音楽の世界しか知らなかった中、アルバイトを通して新たな自分に出会えた衝撃は今でも忘れられません。

杉原 恵美

Loco Partnersに入社して、
どんな変化がありましたか?

前職は、ベンチャー企業でEC事業に携わった後、新規事業部でBtoBのマッチング事業を立ち上げました。新規事業でリソースが限られていたので、企画や営業、制作など必要なことは何でもやりました。1人で自己完結する仕事が多かったですね。一方、Loco Partnersではチーム連携が不可欠。部署を越えた業務は日常的ですし、最近ではグループ会社であるKDDIも巻き込み、1人では成し遂げられないダイナミックな成果を実現できました。持ち場を守るのは大前提で、より大きな成果のためにチームで戦う。「ONE TEAM」の醍醐味を感じています。

杉原 恵美

あなたが思う、「Locoらしさ」とは?

失敗を恐れないことです。意思決定のスピードはまさにその現れですね。失敗を恐れていれば意思決定も時間かかりますが、失敗を恐れない文化があるため、意思決定に時間がかからず即決も多いのです。例えば、ポケモンGOがリリースされたその日に、関連キャンペーンを打ち出したことがありました。宿泊施設様が「即日配信できるのはLocoさんぐらい」と仰っていたのを覚えていますが、チャンスを掴むためには待っていられない。やるリスクよりもやらないリスクを考える会社です。もちろん全て上手くいくわけではなくトライ&エラーの繰り返しですが、成長のため失敗を恐れず打席に立ち続けています。

more interviews

より良いつながりが、社会を豊かにする。
わたしたちは、共に成長していける
メンバーを求めています。

ENTRY